クレジット料金の口座引き落としの遅れが多発してしまう:引き落としの踏み倒しをしていなくともクレジット請求の口座引き落とし日に残高が足りず、カード請求額口座引き落としが不可ということが複数回発生しているような時には、クレジット会社によって『慢性的に債務超過であるようだ』と予想してくることで没収という処理になってしまう場合もあります。お金はあるはずなのに無意識に振り替え不可になったということを繰り返していても、カードの会社の視点で見れば信用の置けないクレカメンバーにされてしまう恐れがあるために、借金をしているかそうでないかということは関係なく強制没収という扱いになってしまう時も過去にあるため注意が必要です。お金にだらしのない会員への判断というのはどうしても高くはないのですから。さらに言うと、一度でもこのカード請求額の口座引き落としがされない事象が発生するとクレジットの使用期限まで使えたとしてもそれ以降の継続更新がしてもらえない場合ということがあります。それだけ意味のあるものだと把握して振替日については忘れることのないようにして欲しいと思います。クレカ現金化を使ってしまう>クレジットカードのキャッシング限度額がすでに足りなくなり、もうサラ金からも入手できない際に、現金化などと言われるようなクレジットのショッピング限度額を用いた方法を使ってしまうとそのことだけでクレジットが強制没収させられる時もある。クレジットカード発行会社では条項の内容で換金を目的としているクレジット利用について認めていないためクレジットの現金化を目的とした利用=ルール違反=強制退会などということになることもおかしい話ではないのです。キャッシュ化を使用してしまうと残高について一括支払い請求などをもらってしまう場合ですら存在するので何が何でも現金化をしないようにしていただきたいのです。