遠まわしに使うクレジットの進め方は簡明です。クレジットカードを経由してストレートに支払えない品物をダイレクトに支払うのではなく、遠まわしに使って買い取りした方がより得策です。表現が容易なため先に券のたとえを用いて説明してみようと考えます。若者が一流のコートを欲しいとそれを見つめています。手に入れたい有名なバックを売っている場所だとクレジットカード使用払いが認められません。ですがVISA、American Express、Diners clubなどの金券を用いるなら払う事を承諾してくれるようです。という事で例にあげようとしている女性はクレジットでギフト券を注文する事ができるギフトカード販売店に出かけクレジットを駆使してJCB、NICOSなどの金券を取り寄せするとします。そのカードを利用して取引したJCB、Diners clubなどのギフト券をショップに手に持ち訪ね手に入れたかった素晴らしいコートを注文したとしましょう。「どうして金券で購入した人は例のような手間をとらせる方法をしているのでしょう?」と思われる事もあるかもしれませんが、この方法を用いるのであれば実際つくことのないカードポイントがもらえます。普段通り、金を使って素晴らしいアクセサリーを買い取りしたりした時でもクレジットポイントは手に入れられませんしVISA、MasterCard、Diners clubなどのギフト券をお金で発注してから用いてもポイントは貯まりません。ところが今示した事だとJCB、American Express、Diners clubなどのギフト券をカードで買い取りしたという理由でブランドカバンを買い取りした分とつりあう数のカードポイントが獲得できるようになります。こういう例が遠まわしにクレジットを駆使した状態になっているという根拠により、間接クレジットカードと呼ばれるやり方です。